Daily Archives: 2015年1月4日

警察に被害届を受理させる方法

law-book

 

 

 

 

 

 

 

 

 

周知の通り、警察は被害届をなかなか受理しません。

受理してしまったら、仕事が増えちゃいますからね。

気持ちはわからないでもないのですが、やっぱり納得がいきません。

そこで、本稿では、私の経験をもとに、警察に被害届を受理させる方法を紹介したいと思います。

(警察に被害届を受理させることに成功したのは
https://seikatublog.com/?p=936
でも述べた通り。
実際に受理させることに成功したので、いくばくかお役に立てる情報を提供できると思います)

 
1、司法書士か弁護士に依頼する方法。 

これが最も効果のある方法だと思います。

もっと言うと、地元に根差している法曹が良いみたいです。

弁護士.comのようなところでは探さないでください。

警察も、法曹関係者に対しては及び腰みたいなところがあるようですし。

地元の有力者だったらなおさらだからです。

ただ、この方法のネックは、お金がかかること、ですね。

2、熱意を持つこと。 

刑事にとって最悪なことは、捜査中にも関わらず、被害届を撤回されること、です。

だから、刑事も、実はあなたの人柄をチェックしています。

『あ、こいつは人任せにしそうだな』

『途中で降りそうだなー』

こう思われたらもう終わりです。

大事なことは、当事者意識を持つこと、だと思います。

3、だからといって、粘れば良いというものではない。 

5時間粘っても受理されない場合もあれば、1時間で受理される場合もあります。

これは事件にできる!と刑事が考えれば、すぐに受理されるものです。

要は、事件性があるかどうかって話。

4、証拠をそろえる。 

どんなささいなことでも、刑事にとっては重要な証拠かもしれません。

領収書は当然として、メールやメモなど、可能な限りそろえましょう。

5、とにかく数をそろえる。 

数をそろえて集団でいくと、受理されやすいそうです。

ネット掲示板などで、被害者仲間を探してみると良いでしょう。

例えばこういう掲示板。

詐欺被害報告and集団訴訟呼びかけ掲示板
http://classaction-japan.com/