Category Archives: 旅行日記♪

旧正月のソウルの江南は人が少ない!

ソウル旅行記の二弾目です!

明洞は旧正月でも人が多かったことは前回お話ししました!

では江南はどうなんでしょう?

江南と言えば夜のお店やクラブが多いので気になっている人も多いと思いますが!

江南地区の写真も撮ってきたのでまずご紹介しますね。

旧正月の江南
旧正月の江南のテヘラン路
旧正月の江南
旧正月の江南

 

 

 

 

ご覧のように人がまばらでした。

江南駅の交差点でさえこのような感じでしたから路地裏なんかはもっとガラガラでしたよ。

江南はクラブが多い地区です。

なので、江南のクラブを楽しみたい人は、旧正月の訪韓は避けたほうが良いと思います。

 

旧正月でも明洞はお店は開いていた!

投資ツアーの一環でソウルに行ってきました。

韓国への投資はあまり気が乗らなかったんですが

先生の『韓国はこれから伸びる国!』とのお言葉に付いて行くことにしました。

確かに韓国のスマホは圧倒的だし国全体としても成長著しいですからね。

今投資すれば将来どうなるのでしょうか?とても楽しみです♪

今回はソウルの旅行レポートを!

訪れたのは、私たちのメンバーの都合で旧正月の時期でした。

旧正月の時期、韓国ピープルは田舎の実家に帰るそうです。

そこは日本と同じですね。

実際、どこに行ってもガラガラでした。

仁川国際空港もガラガラ、南大門市場も一部を除いてガラガラ、

旧正月、南大門
旧正月、南大門

 

 

 

 

 

街全体がまるでゴーストタウンでした。

でも、明洞だけは違いました!

旧正月でも明洞は本当に活気がありました!

とにかく人が多かったです。よく肩もぶつけられました!

旧正月、明洞
旧正月、明洞

 

 

 

 

旧正月でも明洞はお店がたくさん開いています。

シャッターを閉めているお店はほとんどありませんでした。

両替レートが良いことで有名な、中国大使館前の両替所も開いていました。

たぶん、ソウルで両替するならここが一番良いのかなと思います

場所はコネストさんのホームページにのってますので参考にしてみてください
https://www.konest.com/contents/shop_mise_detail.html?id=11136

大使館前の両替所はめちゃくちゃ有利ですよ!

例えば、仁川空港のレートは、1万円につき95000wでした。

つまり、5%ほど中抜きされる計算です。

ホテルでも、セブンラックカジノでも、それぐらいです。

でも明洞の中国大使館両替所は違います。

101000wだったりします。

つまり、ほとんど中抜きされない計算なんです!

どこで儲け出してるんだよ!って心配になってしまうほど!

なのでソウルで両替するなら中国大使館前両替所をお勧めします。

仁川空港からバスチケットをクレジットカードで購入できますので、仁川空港で両替する必要はありません。

ダイレクトに明洞に向かってOKです。

さっぽろ雪まつりの感想と注意しておくべきこと

休暇を利用して、前から行きたかったさっぽろ雪まつりに参加してきました♪

中国の春節中だったのか、やたら中国人が多かったです。

そのせいもあって、飲食店は行列ばかりで全然入れませんでした。

特にすすきの辺りの、観光ガイドブックに載ってるような有名店は、長時間並ばなければいけないので注意しておきましょう。

さっぽろ雪まつりのもう一つの注意点!

さっぽろ雪まつりは会場が二つあります。

メイン会場はもちろんすすきのです。

こんな幻想的な光景!

さっぽろ雪まつり、すすきの
さっぽろ雪まつり、すすきの

 

 

 

 

ぜひカップルで訪れてほしいです。

 

さっぽろ雪まつりは、栄町にあるつどーむにも会場があります。

東豊線栄町駅から徒歩15分ですが、栄町からバスが走っていますので、歩くのはやめたほうがいいでしょう。

路面が凍結しているし寒いし危ないです。

バスも10分間隔で走っているのでぜひバスに乗ってください。

さっぽろ雪まつり公式サイト|SAPPORO SNOW FESTIVAL
http://www.snowfes.com/place/tsudome/

つどーむの方は明らかにファミリー・キッズ向けの会場です。

私みたいな独身の男が一人で行くようなところではありません。

私はこれを知らずに一人で行ってしまいました(笑)

すぐに出て行きましたよ(笑)

つどーむ会場の写真

さっぽろ雪まつり、つどーむ
さっぽろ雪まつり、つどーむ

 

 

 

 

 

さっぽろ雪まつり期間中はホテルがどこもいっぱいです。

今回は滞在時間は3日でした。

私が愛用しているニコーリフレは1日分しか予約が取れませんでした。

ソーレすすきのもスパ・サフロも予約が取れませんでした。

なので雪まつりに参加を考えている人は早めにホテルだけでも抑えておくと良いでしょう。

今回は仕方がなかったので別のホテルを予約しました。

それは、ビズコートキャビンすすきの‎というカプセルホテル。
https://www.route-inn.co.jp/hotel_list/hokkaido/index_hotel_id_654/restaurant/

初めてだったので不安でしたがとても良いホテルだと思いました。

でもやっぱり相対的にはニコーリフレの方が良いですね。

まず、ビズコートのほうが値段が高いです。ニコーリフレより1000円前後高いです。

風呂は無い(サウナだけ)し、食事は最低限しかありません。

ただ、客層は絶対にビズコートの方がいいです。

ニコーリフレの客層は、悪いです。乞食のような人が普通にいますから(笑)

幸いなことに私はまだ盗難被害に遭ったことはないですが、怖いと感じる時がときどきあります。

コミックも、ニコーリフレの方が多いです。

 

バリ島のリバービュースパ riverview spa baliの感想

最近、バリ島で有名なスパ

riverview spa bali

に遊びに行ってまいりましたのでその感想をば。

riverview spa baliはバリ島の有名なスパです。

もちろんエッチなスパです。

私はそういうのに興味はなく普通にマッサージをしてもらいました。

同行者がどうしてもと言うので仕方なく付いて行っただけです(ホント)

それはともかくとして、

本記事がriverview spa baliに行きたいと思っている人にとって参考になればうれしい次第です。

まず、riverview spa baliの場所はとても辺鄙なところにあります。

夜になるととても真っ暗なところです。

日本のようにそこら中に電灯が立っているわけではありません。

ここは異国です。日本の感覚で考えてはいけません。

大の大人の自分でも少し怖かったぐらいです。

昼に行くか、タクシーで行くかをおすすめします。

グーグルマップを頼りに徒歩で行っても見つからないかもしれません。

ちょっとややこしいところにありますのでやはりタクシーをお勧めします。

バリ島のタクシー代なんてたかがしれてますからね。

帰りのタクシーは、スパのレセプションに言えば呼んでもらえます。

しかし夜遅くになるとタクシーが運営していない場合があります。

私もそのパターンでして、結局riverview spa baliの店員にお金を払って送ってもらいました(笑)

徒歩10分で大通りに出ますのでそこで流しのタクシーを呼んでも良いと思います。

riverview spa baliのシステムについて。

ホームページから予約をとることができます。

電話じゃなくメールで予約できますので英会話が苦手な人でも大丈夫です。

我々は1人につきセラピスト2人ついてくれるプランで予約をとったのですが、

アジア特有のいい加減さからか、「女の子が居ない」という理由で1人のプランに無理やり変更させられました(笑)

あと、女の子は選べないようです。

日本だとパネル写真を見ながら選べるのですがriverview spa baliはそういうことはありませんでした。

タイプじゃない女の子を付けられる可能性があるのでそれはそれでリスキーだと思います。

カードを使うと手数料がたしか3%ぐらい上乗せされるのでできるだけキャッシュで払いましょう。

90分ぐらいで18000円ぐらいの支出だったと思います。

https://www.riverviewspabali.com/

(行ってきたのは今年の8月です。

システム等色々変更されている可能性があるのでお店に直接確認をとることをお勧めします。)

シドニーのゴールデンアップルに行ってみた感想

投資事業の関係で、オーストラリアに出張することがありました。

そのついでに、ストリップを見に行くことにしました。

今回行ってみたのが、シドニーにある有名なbrothel,ゴールデンアップルです。

シドニーでbrothelをお探しの方はぜひ参考にしてください。

ゴールデンアップルの場所はこちらから確認できます。

Contact

ゴールデンアップルはキングスクロス駅にあるという情報は古い情報です。

移転したみたいで、今はセントラル駅にあります。

セントラル駅から徒歩10分ぐらいの場所です。

駅を出てほぼ一本道なのでまず迷わないと思います。

坂が多いのでスーツケースはホテルに預けておきましょう。

ゴールデンアップルの値段について。

30分220ドルです。

日本に比べると割高ですよね。

受付で、女性を見る前にまず120ドル払わなければいけません。

なので、顔を見るだけ見て退店することはできないです
(ゴールドコーストのbrothelではそれができたのですが)

女の子に部屋で残りのお金を渡すというシステムになっています。

プレイルームは、日本のソープとほとんど作りが同じです。

私が行ったのは夜の19時ごろでした。

10人ぐらい、女性がでてきました。

みんなすごい美人ばかりでした。

ここもゴールドコーストとはえらい違いです。

さすが大都会シドニーといった感じですね。

当然ながらアジアンはいません。

ほぼ全員、オージーガールです。

フランスから英語を勉強するためにオーストラリアに来た留学生もいました。

近くに、Ginza clubというbrothelがありますが、そこは名前のとおり、アジアンばかりです。

せっかくなのでオージーと楽しみたいという人には、ゴールデンアップルをお勧めします。

なお、このエリアには、他にもたくさんbrothelがあります。

未確認ですが、たぶん、退店できます。(ゴールドコーストの時もそうでしたので)

なので、他のbrothelを確認してからゴールデンアップルに挑戦してみてはどうでしょうか?

グーグルマップで、brothel、で検索してみましょう。

brothel
brothel

ゴールデンアップルの場所が、シドニーでbrothelが密集している地域だと思います。

シドニーで夜遊びしたい人はここを拠点にするとよいでしょう。

ゴールドコーストのsilk(シルク)に行ってきた感想

勉強がてら、オーストラリアのゴールドコーストにある有名なBrothel(性風俗店)に行ってきました。今回行ってみたのは、silk(シルク)というお店。なお、もう一つ有名なBrothelであるUtopia(ユートピア)とにも行ってきまして、その感想をこちらで書いていますので気になる方はみてくださいね。

今回はsilk(シルク)の感想です!

まず、場所はとても不便です。ゴールドコーストの中心地、サーファーズパラダイスから車で15分ぐらいかかります。

徒歩で行くのは無理なのでおとなしくタクシーを使いましょう。

私はUBERを使いました。サーファーズパラダイスから約10オーストラリアドルでした。

silk(シルク)には16時ぐらいに入りました。

受付を済ませて店に入ると、嬢が一人ずつ顔見せとあいさつに来ます。

合計で7人ぐらいあいさつにやってきました。

ユートピアのほうはほぼ全員ブサイクだったのですが、silk(シルク)のほうはまだマシでした。

(たまたまだったのかもしれません)

あいさつにくる嬢の人数は、silk(シルク)もUtopia(ユートピア)もほぼ同じです。

プレイルームは、日本のソープランドとほぼ同じです。

受付でお金を払う必要はないので、気になった嬢がいないと、お店を出ることができます。

すぐ近くにUtopia(ユートピア)がありますのでそこも行ってみるとよいでしょう。

両方とも徒歩で行ける距離ですから。

silk(シルク)の場所はこちら。

Prices

料金は、30分でだいたい13000円ぐらいだったと記憶しています。

ゴールドコーストのUtopia(ユートピア)に行ってきました。

勉強がてら、オーストラリアのゴールドコーストにある有名なBrothel(性風俗店)に行ってきました。今回行ってみたのは、Utopia(ユートピア)というお店。なお、もう一つ有名なBrothelであるsilkにも行ってきまして、その感想をこちらで書いていますので気になる方はみてくださいね。

今回はUtopia(ユートピア)の感想です!

まず、場所はとても不便です。ゴールドコーストの中心地、サーファーズパラダイスから車で15分ぐらいかかります。

徒歩で行くのは無理なのでおとなしくタクシーを使いましょう。

私はUBERを使いました。サーファーズパラダイスから約10オーストラリアドルでした。

Utopia(ユートピア)にはお昼の15時ぐらいに入りました。

受付を済ませて店に入ると、嬢が一人ずつ顔見せとあいさつに来ます。

合計で7人ぐらいあいさつにやってきました。

たまたまだったのかもしれませんが、ほとんど全員ブサイクでした(泣)

中にはトドみたいな女も・・・。

ホームページに出ているような美女は一人もいませんでした(笑)
http://www.utopiainparadise.com.au/

受付でお金を払う必要はないので、気になった嬢がいないと、お店を出ることができます。(私は退出しました)

すぐ近くにsilkがありますのでそこも行ってみるとよいでしょう。

Utopia(ユートピア)とsilkは徒歩数分圏内です。

UBERのおっちゃんに聞くと、ユートピアとシルクはライバルどうしらしいです。

ライバルなはずなのに、なんでこんな同じところに店を構えたのでしょう?(笑)

ユートピアの方がメジャーらしいです。

でもせっかくなので両方行ってみるとよいでしょう。

Utopia(ユートピア)の場所はこちら。

Prices

メルボルンのゴールドフィンガーに行ってきました

オーストラリアで有名なストリップバーのゴールドフィンガーに行ってきました。

オーストラリアにはもう一つ、メンズギャラリーというストリップもありまして、そこの感想もご紹介していますので知りたい方はこちらから見てくださいね。

ゴールドフィンガーもメンズギャラリーも、本当に近いです。徒歩5分ぐらいです。

せっかくなので両方行ってましょう。

また、ゴールドフィンガーもメンズギャラリーも、入場料やサービス内容はほとんど同じです。

ゴールドフィンガーの場所はこちらから確認できます。

HOME

ビールは1本1000円ぐらいします。

バカ高いので、別にこれは注文する必要はないと思います。

詳しいことはメンズギャラリーの記事にも書いたのですが、個人的には、あまり楽しくなかったので行く価値は無いかなと思います。

でもせっかくなので、勉強という意味では、行ってみる価値はあると思います。

行ったのは夜の10時ぐらいで、ダンサーは10人ぐらいでした。

メルボルンのメンズギャラリーに行ってきました

投資事業の関係で、オーストラリアに出張することがありました。

そのついでに、ストリップを見に行くことにしました。

オーストラリアではストリップや性風俗は合法らしいし、そういう会社も上場しているようなので社会勉強として行ってみました。

今回探索してみたのはメンズギャラリーというお店。

場所はサザンクロス駅すぐ近くなのでとても行きやすいです。

トラムの無料範囲内にあるので、トラムを使うと便利に行くことができます。

夜はあまり人が歩いていないので少し怖いです。

でもメルボルンは世界で最も安全な都市にランキングされているので危険を感じることはなかったです。

メルボルンのメンズギャラリーの入り方。

まず、入り口でセキュリティーにパスポートを見せます。

中に入ります。

受付で、入場料を支払います。

確か、10オーストラリアドルぐらいでした。

ダンサーが10人ぐらい踊っています。

みんな飛び切りの美人です。

椅子に座ってビールを飲んでいると、ダンサーが話しかけてきます。

英語がよくわからないのでグーグル翻訳で会話しました。

どうやら、30分50オーストラリアドルでプライベートダンスをしてくれるとのこと。
(時間とか値段は記憶が曖昧なので間違っているかもしれません!)

渋ると、3分10オーストラリアドルでも良いとこのと。

せっかくなのでお願いしました。

接触はできないのですが、踊りながら性器をモロに見せてくれるサービスです。

はい、ただそれだけ(笑)

当然、手や口のサービスはありません。

セックスもダメだそうです。

なので、オージーとそういうことをしたい人は敬遠した方が良いでしょう。

なお、客で、日本人は自分だけでした。

客のほとんどは現地人です。

メンズギャラリーの場所はここから確認できます。

Contact

また、メンズギャラリーの近くにゴールドフィンガーという、これまた有名なストリップがあります。

その感想も、別記事で紹介しています。

こちら

行ったのは夜の10時ぐらいで、ダンサーは10人ぐらいでした。

ホーチミン風俗マッサージはレタントンがお勧め

今回はホーチミンの風俗店レポになります。

風俗にはあまり行かないんですが知り合いに無理やり連れていかれたので行ってきました(笑)

ベトナムは社会主義国ということもあって街中で堂々と営業しているお店は皆無でした。

そういうお店は表向きカラオケやマッサージ店を装っているようです。

なので、セクシーなお姉さんがマッサージの呼び込みをしているお店は、

ほとんどが風俗店なのではないかと思います。

案の定、レタントンの街路を歩いているとお姉さんの呼び込みが激しかったです。

腕を引っ張ってくる嬢もいました。

レタントンは、ホーチミン市の日本人街です。

日本人向けのホテルや飲食店がひしめいているスポットです。

この黄色円の範囲がレタントンの風俗店のスポットです。

レタントンへは、HISホーチミンや東屋ホテルを目印にすると良いでしょう。

HISホーチミン支店の地図↓

夜遊びのおすすめは遅い時間です。

もし早い時間に到着してしまったら、

レタントンはカフェがたくさんあるので時間を潰すことができます。

週末の夕方5時ぐらいに行ってみたのですが歩いている人はほとんどいなかったのでとても居づらいです。

夜8時ごろになると日本人の団体客らしき集団を見かけることができます。

嬢もたくさん出勤しているようなのでこの時間がおすすめです。

私が入ったお店は、繁華街の方へ東屋ホテルから入ってすぐのお店でした。

名前を出すと問題がありそうなので出せませんが、私が入ったのは呼び込みが一番激しいお店です(笑)

たぶん、すぐにわかります。

 

 

 

 

 

 

 

こちらは値段です。

私は4手を選びました。

案の定、マッサージの途中で性的サービスを交渉してきます。

1人100ドルだったので合計200ドルの出費でした。(〇番可能)

たぶん、値段は交渉できると思います。

嬢も店員も日本語ができるので英語力に不安がある人でも大丈夫だと思います。

シャワーやボディソープなどありますので衛生面の心配はありません。

20人ぐらいの嬢の中から気に入った嬢を選ばせてくれます。

パネルではなく目の前で選ばせてくれるのでパネル詐欺にひっかかってしまう恐れはありません。