Monthly Archives: 3月 2013

タル・ベン・シャハーの『HAPPIER―幸福も成功も手にするシークレット・メソッド ハーバード大学人気No.1講義』感想と書評

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最近仕事が暇になったので、毎日自己啓発書を読んでいます。

仕事が忙しくなると読む時間がなくなるので、今のうちに読み貯めしようという魂胆です。

中にはクソみたいな本もあるのですが、そればっかりは仕方ないですよね。

数撃ちゃ当たるをモットーに読書生活を満喫しています。

そんなこんなで、やっと今日、良書に出会うことができました。

それは、

タル・ベン・シャハーの『HAPPIER―幸福も成功も手にするシークレット・メソッド ハーバード大学人気No.1講義』

という本です。

私なんかは、ハーバード大と聞くだけでなんだか胡散臭く感じるのですが、

その先入観は見事くつがえされてしまいましたよ。

私は自己啓発書を読みあさっているのでそこそこ知識はあるつもりでしたが、

新しい知識をどんどん発見することができました。

興味のある方に、簡単に要約しましたので紹介させて頂きますね。

お金や名声や権力は、何らかの目標を達成するための手段にすぎないにもかかわらず、それを目的にしてしまいがちである。手段と目的が逆になっている。今日の私たちは、生きるために蓄積するのではなく、蓄積するために生きているかのようだ。 

苦境は私たちの幸せに大きく貢献してくれる。『こんな絶好の危機を無駄にしちゃもったいない!』 

友人、家族、恋人と充実した時間を過ごすことも、幸せの基本レベルを押し上げる。『親しい人がいなければ、いかなる幸せもありえない』 

喜びと意義をもたらしてくれる、数分から数時間で行える活動(幸せブースター)を作る。ある重役は仕事を少し減らし、毎週2晩は家族とすごし、テニスや読書をする時間を作った。 

私たちは幸せをタップリと味わうために生まれてきた。自分は幸せに生きるに値する人間であり、自分にはそうする権利があるということを自覚する。 

時間的豊かさが幸せと直結している。物質的豊かさはそうではない。時間的豊かさとは、本当に行いたいと思っている活動を優先して選択することができ、他の活動は控えることができること。時間の制約にしばられていない、自由な状態。 

一流のスポーツ選手は習慣を活用している。無意識のうちに同じ時間に練習場にいる。彼らを真似して新しい習慣を作る。価値のある目標に動機づけられた状態で、習慣化する活動を具体的に決め、その活動を決まった時間帯に必ず行うようにする。習慣にしたい活動が決まったら、それを行動予定表に記入する。 

常に未来を不安視しているために今を楽しめない。テストで良い点がとれなかったらどうしよう。昇進できなかったらどうしよう。それよりも、充実した今を楽しもう。起こるか起こらないかわからないことを考えて時間を無駄にするのはよそう。 

ざっとこんな感じです。

翻訳物円なので少々読みにくい部分があるのですが、集中すれば誰でも読める程度のレベルですよ。

文字も大きく、ページ数も250ぐらいとそんなに長くないので、非常に読みやすかったです。

一般に自己啓発書とかビジネス書っていうのは難解な言葉を使いがちなのですが、

タル・ベン・シャハーの『HAPPIER―幸福も成功も手にするシークレット・メソッド ハーバード大学人気No.1講義』

は平易な文ですので、極端な話、中学生でも読むことができると思います。

自己啓発書の入門書としてもおすすめです。

輸入車に安く乗ることができる方法→沖縄でレンタカーを借りよう!

 

 

 

 

 

 

 

男なら高級車に一度は乗ってみたいですよね。

でもよほどお金に余裕がないと難しいです。

そこで、高級車・外車・輸入車に安く乗ることができる方法をまとめてみましたので、

何かの参考にしていただけると幸いです。

1、試乗する。 

ディーラーや代理店に行き、試乗をする方法です。

この方法なら無料ですね。

しかし、行きたいところに行けないことと、時間制限があるのがデメリットですね。

2、ヤフオクや官公庁オークションで落札する。 

かなりおすすめの方法です。掘り出し物が見つかるかも知れません。

3、友達に借りる 

これが一番簡単な方法かもしれませんが、都合よく貸してくれる友達はなかなか見つかりませんね。

4、タイムズプラスを利用する。 

筆者一番のおすすめの方法です。タイムズプラスなら輸入車・会社にかなり安く乗ることができます。

1日めいっぱい乗ったとしても、1万円ぐらいの破格の値段!

ただデメリットとして、種類が少ないこと・地方では扱っていないこと、があげられます。

5、沖縄へ行く。 

沖縄は土地柄か、外車・輸入車を扱っているレンタカー屋さんが非常に多いです。

種類も豊富で、レアな車も扱っています。

沖縄 外車 レンタカー

で調べるとかなりたくさんのお店がヒットします。

値段もかなりお得です。

たぶん、本土の相場よりも半分か、三分の一ぐらいだと思います。

外車に試乗するためだけに、沖縄に旅行するのもアリだと思いますよ。

それに沖縄の道は東京のように混雑していないので、練習しやすいです。

天気が良いし温暖な気候なので、オープンカーがよく似合います。

東京の汚い空気でオープンカーはのれませんからね。

以上、外車に安く乗る方法をご紹介いたしました。

脱税方法の実話

以前も書いたように私はあるネットビジネスを実行しています。

http://seikatublog.com/?p=327

そのビジネスで大成功をおさめています。

最低月収100万ラインなんですが、これだけお金を稼ぐと付き合う人種も変わってきます。

貧乏時代は、遊ぶ相手といえばフリーターや普通のサラリーマンが中心でした。

遊ぶ場所もワタミなどの安居酒屋が中心です。

しかし最近は付き合う相手も場所も180度変わってきました。

社長やセレブ達と、高級クラブでドンペリをあけることも日常茶飯事です。

彼らはすごいですよ。

お金が有り余っているのか使う時間がないのかわかりませんが

会計は全部自分で払おうとするんです。

『ここは私が!』『いいえ、私が払います!』

まるでダチョウ倶楽部のコントを見ているかのようです(笑)

アメックスのカードで、平気で20万円支払っていましたよ。 

いやぁ、ごちそうさまでした(笑)

今日はそんな社長たちの一人、知り合いの観光グループの社長の話をしますね。

彼は業界でもかなりのやり手で、有名人です。

また、税金のスペシャリストとしても通っています。

事業の一つとして、風俗店を経営しています。

風俗という業種は、パチンコと並んで脱税がしやすい業種なんです。 

仕入れもないし、領収書も普通発行しないし、何より現金商売なんです。

データや記録がないので、税務署もなかなか実態をつかみにくいんですね。

そんなこんなで節税してきた社長ですが、ある日とうとう調査のメスがはいりました。

赤字の申告書を出していたのに、調査に入った時、自宅の金庫には1億はくだらないかという札束を

残しておいたままだったそうなんです!

どういうことかと税務署員に問い詰められたんですが、社長こういう手を使いました。

『この金は、10年前に山で拾った』

もちろん実際は拾っていません(笑)

事業で得たお金です。

どこの山か、いつ拾ったのかと問い詰められても、忘れたの一点張りを貫き通しました。

政治家もよく使いますよね

『忘れた』という言葉。

これは魔法の言葉です。

すべての問題を解決してくれます。

ここまで開き直られれば税務署も調査のしようがありません。

10年前というのもミソです。

時効になりますからね。

この金庫のお金も実は氷山の一角で、資産の大半は海外に移していたそうです。

海外がからんでくると税務署も調査が大変です。

しかし最近は条約締結もあって、積極的に海外資産を調査してきます。

そこで一歩踏み込んで、海外の貸金庫を利用したり、

海外に移住している知り合いの自宅で、資産を隠していました。

あと、これはなるほどと思った方法なんですが、社長は故人の口座を利用していました。

故人の口座は、税務署もスルーしがちなんですね。

ペイオフの関係で1000万円までしか預けられないのがネックだと言ってましたよ(笑)

税務調査の結果はノーコメントでしたが、いろんな脱税方法があるんですね。

以上は大変特殊な例ですし脱税は決しておすすめしません!

事例を紹介しただけですよ!

良い子は真似しないように!

無税生活を実現する方法

先月も書いたように私はあるネットビジネスを実行しています。

http://seikatublog.com/?p=265

正直、稼ぎまくっています。

このままいくと、近いうちに月収100万は最低レベルになるでしょう。

しかしそれだけ稼ぐと怖いのは税金ですよね。

節税対策をきちんとしないと、半額ぐらい国にもっていかれることになります。

ダウンタウンのまっちゃんも、ガキの使いのトークで怒っていました。

何千万も納税しているのに、公園のトイレに紙が無かった!って(笑)

そりゃあ怒りますよね。

それはともかく、私は師匠http://www.okanekaseguzo.comに税金対策を

伝授してもらいましたし、その方法は税理士も評価していましたから、

来年の確定申告はまず間違いなく乗り切れると思います。

ここでは紙幅の関係で簡単な話しかできません。詳細は師匠に聞いてくださいね。

まず教えてもらった最大の節税対策は、法人を設立することです。

法人化すると、出費の多くは経費として認められやすいです。

セミナー代や交通費も経費として認められやすいですから領収書はできる限り保管しておきましょう。

家賃や携帯代も経費扱いできるし、裏技を使えば旅行代も経費扱いすることができます。

これからはバンバン旅行をするつもりです(笑)

私も師匠のアドバイスどおり、法人を設立しましたよ。

その際絶対に利用しておきたいのが、小規模企業共済という制度です。

詳しいことは制度のHPを見て頂きたいのですが、簡単にいうと、

年間80万円ほど合法的に経費扱いすることができます。

そしてもう一つ利用したいのが、確定拠出年金(401k)です。

こちらも詳しいことは制度のHPを見てほしいのですが、最大で年70万円ほどの節税効果があります。

小規模企業共済と確定拠出年金だけでも、年150万円ほどの節税効果があるんです。

個人事業主や一人社長の方は絶対に利用したい制度ですね。

さらにもう一つ。

当たり前といえば当たり前なんですが、厚生年金と健康保険は必ず加入したいですよね。

サラリーマンなら半額は会社が負担してくれるのですが、個人事業主だと当然全額自己負担です。

でもやっぱり万が一のこととか老後のことをかんがえると、少々きつくても加入しておきたいですよね。

月収20万の人なら、厚生年金と健康保険の合計は、だいたい55000円ぐらいになります。

したがって、年間60万円ほどの節税効果があります。

私は、小規模企業共済と確定拠出年金と厚生年金と健康保険で、年間200万円ほどの節税ができる見込みです。

しかし、会社が私に支払う役員報酬は、節税のため月額20万円にしています。 

ボーナスも設定していませんよ。

年収240万に対して支出が200万と、実生活ではありえないことです。

どうやって生活しているの?って話ですよね。

でもじつはこれは合法なんです。法律の盲点をついたテクニックですね。

私はこれからは合法的に無税生活を送ることができる見通しです。 

ただし、

今回のビジネスは法人として運営していますので、

法人に対する利益には税金はかかってしまいます。

そこで、節税対策のためベンツ、マンション、ロレックス購入を検討中です(笑)

これらは換金性が高いので、いざというときの助けにもなりますのでお勧めです。

しかし、幸せになるためにお金を稼いでいるはずなのに、

お金が稼げるようになったらなったで、次から次へと悩みのタネがつきません。

いやぁ、人間って悲しい生物ですね(笑)

あ、そうそう。

アフィリエイターさんやヤフーオークション事業者さんは注意してください。

近年、税務署はネット収入の補足に力をいれています。 

ある日突然税務調査にくるかもしれませんから、早めの対策をしましょう。