Monthly Archives: 11月 2012

情報商材交換ブックオフとは?

 

 

 

 

 

 

情報商材に興味を持っています。

でも、情報商材って一般的に高価格ですよね。

1万円や2万円は当たり前で、

中には数十万円かかるものもあります。

でも、そんなのを定価で買う必要がまったくないことに気づきました。

そう、情報商材交換サイトを利用するんです!

この方法を使うと、ほしかった情報商材がタダで手に入れることができます。

有名なサイトはみなさんご存知の情報商材ブックオフです。
http://jbbs.livedoor.jp/computer/43309/
http://jbookoff.info/
なぜブックオフという名前がついているかわかりませんけど、

本家のブックオフに見つかったら裁判おこされるかもしれませんねw

しかしタダで交換してくれる親切な人はいませんから、

ある程度自分でも良質の情報商材を保有しておかなければいけませんね。

その、原資となる情報商材をどう確保するかというと、

これもまた良い方法があります。

情報商材共同購入サイトを利用するんです。

共同購入して、個人個人の負担を減らそうというサイトです。

ただ、お金がからむわけですからそういうサイトはなかなか見当たりません。

やっと探し当てたのが、兜さんが運営する

fukugyomaster

のサイトです。

うまくやれば定価の数分の一で情報商材が安く購入できます。

お金を持ち逃げされるんざないかという疑念がどうしてもでてきますが、

取引実績はあるようですし、詐欺ではないようです。

なにより、ずいぶん前から活動されている方ですし。

情報商材を交換しながら成金になっていく。

まるで現代版わらしべ長者ですね。

噂の稼げると言われている情報商材を検証します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最近情報商材にハマっています。

たくさんありますけど、そのうちで最も有名やつをチョイスして検討しています。

それはこれ

http://gold-winner.com/

この業界では珍しいらしく、数年に及ぶロングセラーになっています。

ちまたでは、ネットビジネスの登竜門とか、ひとつの到達点とも言われています。

かなり期待がもてそうな情報商材で結構な期間の間検討したいんですが、

結局自分、買わないことにしました。

なんでかっていうと、このお二方に裁判おこされているからなんです。

1、http://nikki-net.com/

2、http://www.setuyakkumama.com

でもサイトよく見るとおかしいんですよね。

特に1のサイトなんか、4ヶ月で60万も稼げているじゃないですか。

そこまで稼がせてくれた人間を詐欺師呼ばわりするなんて。

このお二方は精神病院に入院すべきですな。

やっぱり情報商材を買う人って、お金に切羽詰まった人が多いんだと思います。

普段からお金に追われているから、まともな思考回路がショートしちゃってるんでしょうね。

同情すら覚えますが、肩入れはしません。

裁判なんかかってにどうぞ。

確かに擁護している人もいます。

http://hensainikki.cocolog-nifty.com/

でもですね、やっぱり買わないことにしました。

なんでかっていうと、裁判起こされた時点でケチがついたからなんです。

縁起が悪いったらありゃしない。

しかし稼げるのは稼げるんだと思います。

これは間違いないし、99%そうでしょう。そこは認めます。

あえてリンク貼らないですけど、稼げてるよ!って報告をしているブログいっぱい知っています。

ケチがついていても、う○こがついていても、なんでもいいから稼がせてくれ

って 上昇志向の人は『買い』だと思います。

もてる男の条件

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もてる男のルール

その1 

もてる男は、誘いをかけるのは男の仕事だが、

最終決定権は女性にあることを知っている。

(ある説によると、100人以上の女性に働きかけてようやく、

一人の女声をベッドに誘い込むことができる)

その2 

一回きりの人生でナンパをしないのはもったいない。

その3 

女に対して貪欲になる

その4 

もてる男は、女性の「ノー」に動じない。

「ノー」がまたふえただけのことで、深刻になる必要はどこにもないし、聞き流しておけばいい。

(女性は必ず途中で「ノー」と言う事になっている。

あの娘、可愛かったなぁ。さてと、今日のデザートは何にするかな?

こんな具合に、面の皮を厚くしておこう)

その5 

もてる男は、常に複数の女性を追いかける。目標を一人に絞ることはない。

(あの娘が駄目でも、ぼくを待っている女性は星の数ほどいるさ。)

その6 

もてる男は、常に出会いのチャンスをうかがっている。

その7 

もてる男は、自分の都合を優先する。

その8 

もてる男は、目当ての女性の友達になったり、相談にのったりしない。

その9 

もてる男は、いつでもためらわずに女性から離れていける。

(立ち去る意思をもつことは、どんな場合も男に自信を与える。)

その10 

もてる男は、苦労の後を見せない。

その11 

セックスの達人は、女性に、どこがいいのか等、質問をする。

自分本位のセックスをしない

北海道 道の駅びえい丘のくらでの車中泊の感想

北海道を車で旅行する人は今も昔も多いですよね。私も数年前の夏、1週間ほどの期間で北海道を車でまわりました。夏は涼しく、快適に過ごせる北海道ではほぼ毎日車中泊をしました。公園や無料駐車場も多い北海道ですが、印象的だったのは道の駅での車中泊です。今日はその中でも印象に残っている「びえい丘のくら」という道の駅での車中泊の体験をお話しします。
富良野線にある「美瑛駅」から歩いて行ける距離にある道の駅「びえい丘のくら」は石倉庫を改装したよ道の駅になっていて、外見は石倉庫そのものです。車で数日前に通り、少し気になったので、他の目的地に向かう途中寄り道をして来てみました。着いたのは夕方の16時ごろで、平日だったのかレストランの扉にはCLOSEDの看板がすでにかかっていました。まだカフェは空いていたのでコーヒーと軽いお菓子(チュロス)をいただき店の人と会話を楽しみました。この道の駅には実はホテルや展示場もあるみたいで、どうやら車で通りかかる人のための道の駅というよりかはJR「美瑛駅」からくるお客さんを意識しているようです。18時ごろにはカフェも締まり、人気がかなり少なくなってきた、晩飯は近くにコンビニがあったのでそこで購入してお風呂を探しに行きました。道の駅にホテルはありますが、日帰り温泉施設等がなかったのは少し残念です。
カフェの人に聞いて銭湯に向かったものの結局1時間ほど車を走らせてやっとたどり着いた。そこは「美瑛町国民保養センター」で入湯料は大人300円と地元価格になっており、私の家の近所の銭湯を思い出せるような小さなものでした。そういった意味では先に北海道にある有名な温泉に寄ったあと、夜遅く、道の駅に到着するようなプランだといいと思います。実際で駅の車中泊は静かでこれといって何も起きることなく無事に朝を迎えることができました。CLOSEDになっていたレストランにあったうどんカレーがとても美味しそうでしたが結局、開店の時間はお昼前だったので待つことなく、その場をあとにしました。トイレは24時間利用できるものがあるので安心してください。また、農産加工体験施設がすぐそこにあり、バターづくり体験などが手軽にできるようなのでもし、家族連れの方などは体験してみるのもいいと思います。
この町は知っている人も多いと思うが日本でも有数のひまわり畑がある町である。「ぜるぶの丘」といわれるこの場所は先ほど述べたJR「美瑛駅」から車で10分以内のところにあります。ひまわりだけでなく、ラベンダー、バラ、コスモスなど四季折々の花を楽しめる場所でもあるので北海道 美瑛町に寄った際にはぜひ、寄ってほしいスポットです。そんな公園に大変近い場所に位置する「びえい丘のくら」ですので、次の日の観光に備えて車中泊を考えている人は是非利用してほしいものです。
道の駅(びえい丘のくら)http://www.hokkaido-michinoeki.jp/michinoeki/2854/

東京・都内のデートに使える夜景のきれいなホテル・ラウンジ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

女の子ってのは男にはわからないけど、夜景がきれいな生き物です。

夜景がきれいな場所につれていくと、絶対にポイントアップします。

とはいっても、お台場海浜公園や山下公園なんてみんな知ってますよね。

ということで、普通の女の子は絶対行ったことがない、

ラグジュアリーで夜景がきれいなホテルやラウンジを、

東京・都内に限ってですが紹介させていただきます。

1、マンダリンオリエンタル バー 

東京駅近くに位置する外資系ホテルです。

高層からの眺めは非常によく、東京タワーもスカイツリーも見渡せます。

道路も広いですしドライブもしやすい。

2、anaインターコンチネンタルホテル東京 36FL.MIXX バー&ラウンジ 

東京タワー近し。

飲んでから東京タワー見学としゃれこみましょう。

同じフロアに、鉄板焼きや中華料理などのおいしいお店もあります。

少々値ははりますが。

3、リッツカールトン ザ・ロビーラウンジ&バー 

ミッドタウンの45Fにある、リッツカールトンのロビーです。

もちろん宿泊者以外でも利用可能です。

こちらも東京タワー近いです。

ワンメーターで行ける距離。

六本木という場所柄、芸能人もよく見かけます。

運がよければ出会えるかも!?
コンラッド東京
フォーシーズンズホテル丸の内
新宿京王プラザホテル
品川プリンスホテル
ヒルトン東京
ザ・プリンスパークタワー東京

女にふられる理由と、ふられる不安を解消する方法

 

 

 

 

 

 

 

 

◆もてる男の基本 

・ふられることを恐れずに声をかける男性に、女性はひかれていく。

・恋愛は確率のゲームである。『失敗する度に、成功にまた一歩近づいたのだ。』

・自分からリスクをとる。

・挨拶は『こんにちは』『やあ』といったありきたりのものが一番効果的

・ボディランゲージで話す

・目を合わせる

・魔法の言葉『それどうしたの?』

◆モテる男の常識 

・結果を期待せず純粋におしゃべりを楽しむ。
そもそも人間関係に結果は予測不可能である
ほとんどの女性はあなたになんの興味も持っていない。
自分に興味を持ってくれる一握りの女性を探せばいいのだ。

・もてる男は他人と比較しない。

・もてる男は自分を責めない。自分を褒める習慣を身につけることが大事。

・もてる男は聞き上手。

・恋をゲームとして楽しむ。

◆避けられたときの、三段階思考法 

1,恋は確率のゲームだと自分に言い聞かせる
2,ふられたのは自分のせいではなく、理由付けを行う。
例)『何か考え事をしていたんだな』『きっと生理でいらいらしているんだろう』
3,『いま、したいことをする。(好きなものを食べたり、好きなゲームをしたり)』間をおかずに!

◆不安を消し去る方法 

・落ち着いて呼吸をする

・声をかける前にのどかな光景を思い浮かべるようにする

・成功したときの経験を思い出す

・あまり深刻に考えない
思考や感覚は実態のないもので、それに縛られる必要は無い。

・信頼できる人を思い浮かべる。そばにいると思ってもいい。

付き合う前に簡単なデートをして相手を見極めよう 

・二人で過ごす時間が短ければ短いほど、致命的な失敗をする機会が少なくなる。

・コーヒーショップかひと目のつく場所で。せいぜい一時間。

・その女性が自分にとって友人なのか、
恋人になる可能性を秘めているかを判断するのが目的。