Daily Archives: 2012年10月16日

「広島県 道の駅 スパ羅漢での車中泊の感想」

車中泊をよくする人は道の駅を選ぶ人がほとんだと思います。その中でも温泉施設が隣接しているとなると車中泊をする絶好のスポットとなります。そんな温泉がある道の駅を広島で見つけました。名前にも温泉があるとわかる「スパ羅漢」という道の駅、中国自動車の吉和ICから車で30分ほど国道186号線を大竹方面へ走るとつきます。広島の市街地や有名な観光スポット厳島神社へのアクセスも簡単にできるため、車中泊以外にも多くの人が立ち寄る道の駅でもあります。私も広島の厳島神社へ観光に向かう前日にこの道の駅へ車中泊をするために立ち寄りました。
道の駅には「ようこそ羅漢狭、スパ羅漢の温泉へ」と大きな看板が出迎えてくれます。大きな円形の建物が道の駅と温泉が併設する建物になっていて、温泉だけでなく地域の催しものが行われるイベント広場や食堂、カフェもあり、有名な道の駅とはいえ、かなり落ち着いた少し観光地のような道の駅となっています。
16時と少し早めに到着したものの、温泉が閉まるのが20時、レストランは18時半がラストオーダーと予想以上に早く閉まるので、早速、レストランと温泉へと向かいました。このレストランではすっぽんが頂けるので迷わず「すっぽんひとり鍋」を注文。実は人生初のすっぽんをこの道の駅で食べることになるとは。臭みもなく、ぺろっと平らげてしまいました。地元の人はすっぽんのコースを食べに広島でも遠方の方からわざわざ来る人も多いとか。
スパ羅漢の温泉は何といっても露天風呂があることだと思います。回りには川や森などに囲まれているため、露天風呂もかなり洗練されています。入湯料も600円とかなりリーズナブルな価格となっています。(タオル別)その日は九州から7時間ほど車を走らせただけだったのであまり疲れてはいませんでしたが、温泉で体がポカポカになると体は自然にリラックス状態となり、すぐ眠たくなりました。すぐに車に戻り、夜9時前には眠りにつきました。私のほかにも車中泊らしき人は沢山いました。有名な道の駅ではありますが、夜施設が閉まるのが早いため、そこまで回りの音に邪魔されることなく、朝までゆっくりと眠りました。やっぱり、温泉に入ったあとの眠りは質が高くなります。
朝は静けさそのものでした。羅漢狭の広告がいたるところでされていたので川を見に早朝から車を走らせました。道の駅から数分のところに羅漢狭があります。想像以上に水の流れも激しく、迫力のある滝の姿にすっかり目が覚めました。そのまま目的の観光地に向かっていると気づかずに通り過ぎてしまうところを車中泊のために寄り道したからこそ気づけたこの場所。地元の自然を堪能することができました。
スパ羅漢(http://www.sparakan.com/%E6%96%BD%E8%A8%AD%E6%83%85%E5%A0%B1/)