All posts by seikatu_admin

千葉県 袖ヶ浦海浜公園での車中泊の感想

そろそろ車中泊をする場所を探さないと思っていた矢先に見つけた公園、それが袖ヶ浦海浜公園です。館山自動車道、市ケ原ICをでて30分ほど走ると到着します。アクアラインで東京には30分ほどで着きますがその前に車中泊を考える人には場所的にぴったりの場所だと思います。
東京湾に面したこの公園の特徴はなんといっても駐車場が公園にしてはかなり広いということです。年に数回はイベント等が催されたりするのか、土日でもよっぽどじゃない限り、夜なら車を停めるスペースがなくなることはないと思います。千葉県ということもあり、東京と比較して人も少なく、夜は静まり返っていることは車中泊をするにあたり、メリットといえます。でも、近くにコンビニや売店がなく、公園内でバーべーキューなどを楽しむこともできないのは少し不便かもしれません。
私が到着したのは夕方17時ごろ、少し公園を散歩し、東京湾がきれいだなと眺めていたらいつのまにか19時前になってしまいました。この公園は結構広いんです。展望台や子どもが遊べる遊具(ジャングルジム?)もあり、朝からお弁当をもって遊びに来ていた家族連れが帰るのが見受けられました。トイレがあることを確認した後、晩飯をもとめ、車を走らせました。車を10分ほど走らせるとコンビニがあったのでコンビニや飲み物を購入。温泉施設に関しても、公園周辺にはありませんので車で向かうしかありません。公園に行く前に食事とお風呂は済ませるのいいと思います。私は木更津市にある「湯の郷かずさ」という温泉に行きました。車で1時間以内で着いたと思います、平日でしたが、結構混んでいて、地元の人または遊びに来た観光客に人気な温泉のようです。
公園での車中泊ですが、その日は雨が夜降っていたので早めに眠りにつきました。雨の音以外に東京湾の海の音は聞こえるもののその他、聞こえる音は一切なかったです。平日で雨、夜は公園に私以外に誰もいなかったと記憶しています。7時ごろ目が覚めましたがきれいに晴れていて再び公園を散歩しました。着いたときは気づきませんでしたが、トイレのほかに水場もありました。トイレ以外に水場があると車中泊をする人にとって助かります。そこで顔と歯磨きをすませ、東京湾ごしのプロムナードを散歩しました。昨日雨が降ったからなのか、空気はかなり澄んでいて、富士山までこの公園から見ることができ、驚きでした。また、この公園から望む東京湾は東京からみる淀んだ海とは異なり、波も強く生命力にあふれているような感じがしました。都会には近いとはいえ、少し離れるとこんなに違うもんだなと新鮮な気持ちになりました。東京を違う視線で眺めれるこの公園での車中泊は何かいつもの車中泊とは違う不思議な気持ちでした。

袖ヶ浦海浜公園(http://www.sodegaura-kaihinkoen.jp/guide/index.html