Daily Archives: 2018年5月18日

シドニーのゴールデンアップルに行ってみた感想

投資事業の関係で、オーストラリアに出張することがありました。

そのついでに、ストリップを見に行くことにしました。

今回行ってみたのが、シドニーにある有名なbrothel,ゴールデンアップルです。

シドニーでbrothelをお探しの方はぜひ参考にしてください。

ゴールデンアップルの場所はこちらから確認できます。

Contact

ゴールデンアップルはキングスクロス駅にあるという情報は古い情報です。

移転したみたいで、今はセントラル駅にあります。

セントラル駅から徒歩10分ぐらいの場所です。

駅を出てほぼ一本道なのでまず迷わないと思います。

坂が多いのでスーツケースはホテルに預けておきましょう。

ゴールデンアップルの値段について。

30分220ドルです。

日本に比べると割高ですよね。

受付で、女性を見る前にまず120ドル払わなければいけません。

なので、顔を見るだけ見て退店することはできないです
(ゴールドコーストのbrothelではそれができたのですが)

女の子に部屋で残りのお金を渡すというシステムになっています。

プレイルームは、日本のソープとほとんど作りが同じです。

私が行ったのは夜の19時ごろでした。

10人ぐらい、女性がでてきました。

みんなすごい美人ばかりでした。

ここもゴールドコーストとはえらい違いです。

さすが大都会シドニーといった感じですね。

当然ながらアジアンはいません。

ほぼ全員、オージーガールです。

フランスから英語を勉強するためにオーストラリアに来た留学生もいました。

近くに、Ginza clubというbrothelがありますが、そこは名前のとおり、アジアンばかりです。

せっかくなのでオージーと楽しみたいという人には、ゴールデンアップルをお勧めします。

なお、このエリアには、他にもたくさんbrothelがあります。

未確認ですが、たぶん、退店できます。(ゴールドコーストの時もそうでしたので)

なので、他のbrothelを確認してからゴールデンアップルに挑戦してみてはどうでしょうか?

グーグルマップで、brothel、で検索してみましょう。

brothel
brothel

ゴールデンアップルの場所が、シドニーでbrothelが密集している地域だと思います。

シドニーで夜遊びしたい人はここを拠点にするとよいでしょう。

ゴールドコーストのsilk(シルク)に行ってきた感想

勉強がてら、オーストラリアのゴールドコーストにある有名なBrothel(性風俗店)に行ってきました。今回行ってみたのは、silk(シルク)というお店。なお、もう一つ有名なBrothelであるUtopia(ユートピア)とにも行ってきまして、その感想をこちらで書いていますので気になる方はみてくださいね。

今回はsilk(シルク)の感想です!

まず、場所はとても不便です。ゴールドコーストの中心地、サーファーズパラダイスから車で15分ぐらいかかります。

徒歩で行くのは無理なのでおとなしくタクシーを使いましょう。

私はUBERを使いました。サーファーズパラダイスから約10オーストラリアドルでした。

silk(シルク)には16時ぐらいに入りました。

受付を済ませて店に入ると、嬢が一人ずつ顔見せとあいさつに来ます。

合計で7人ぐらいあいさつにやってきました。

ユートピアのほうはほぼ全員ブサイクだったのですが、silk(シルク)のほうはまだマシでした。

(たまたまだったのかもしれません)

あいさつにくる嬢の人数は、silk(シルク)もUtopia(ユートピア)もほぼ同じです。

プレイルームは、日本のソープランドとほぼ同じです。

受付でお金を払う必要はないので、気になった嬢がいないと、お店を出ることができます。

すぐ近くにUtopia(ユートピア)がありますのでそこも行ってみるとよいでしょう。

両方とも徒歩で行ける距離ですから。

silk(シルク)の場所はこちら。

Prices

料金は、30分でだいたい13000円ぐらいだったと記憶しています。

ゴールドコーストのUtopia(ユートピア)に行ってきました。

勉強がてら、オーストラリアのゴールドコーストにある有名なBrothel(性風俗店)に行ってきました。今回行ってみたのは、Utopia(ユートピア)というお店。なお、もう一つ有名なBrothelであるsilkにも行ってきまして、その感想をこちらで書いていますので気になる方はみてくださいね。

今回はUtopia(ユートピア)の感想です!

まず、場所はとても不便です。ゴールドコーストの中心地、サーファーズパラダイスから車で15分ぐらいかかります。

徒歩で行くのは無理なのでおとなしくタクシーを使いましょう。

私はUBERを使いました。サーファーズパラダイスから約10オーストラリアドルでした。

Utopia(ユートピア)にはお昼の15時ぐらいに入りました。

受付を済ませて店に入ると、嬢が一人ずつ顔見せとあいさつに来ます。

合計で7人ぐらいあいさつにやってきました。

たまたまだったのかもしれませんが、ほとんど全員ブサイクでした(泣)

中にはトドみたいな女も・・・。

ホームページに出ているような美女は一人もいませんでした(笑)
http://www.utopiainparadise.com.au/

受付でお金を払う必要はないので、気になった嬢がいないと、お店を出ることができます。(私は退出しました)

すぐ近くにsilkがありますのでそこも行ってみるとよいでしょう。

Utopia(ユートピア)とsilkは徒歩数分圏内です。

UBERのおっちゃんに聞くと、ユートピアとシルクはライバルどうしらしいです。

ライバルなはずなのに、なんでこんな同じところに店を構えたのでしょう?(笑)

ユートピアの方がメジャーらしいです。

でもせっかくなので両方行ってみるとよいでしょう。

Utopia(ユートピア)の場所はこちら。

Prices

メルボルンのゴールドフィンガーに行ってきました

オーストラリアで有名なストリップバーのゴールドフィンガーに行ってきました。

オーストラリアにはもう一つ、メンズギャラリーというストリップもありまして、そこの感想もご紹介していますので知りたい方はこちらから見てくださいね。

ゴールドフィンガーもメンズギャラリーも、本当に近いです。徒歩5分ぐらいです。

せっかくなので両方行ってましょう。

また、ゴールドフィンガーもメンズギャラリーも、入場料やサービス内容はほとんど同じです。

ゴールドフィンガーの場所はこちらから確認できます。

HOME

ビールは1本1000円ぐらいします。

バカ高いので、別にこれは注文する必要はないと思います。

詳しいことはメンズギャラリーの記事にも書いたのですが、個人的には、あまり楽しくなかったので行く価値は無いかなと思います。

でもせっかくなので、勉強という意味では、行ってみる価値はあると思います。

行ったのは夜の10時ぐらいで、ダンサーは10人ぐらいでした。

メルボルンのメンズギャラリーに行ってきました

投資事業の関係で、オーストラリアに出張することがありました。

そのついでに、ストリップを見に行くことにしました。

オーストラリアではストリップや性風俗は合法らしいし、そういう会社も上場しているようなので社会勉強として行ってみました。

今回探索してみたのはメンズギャラリーというお店。

場所はサザンクロス駅すぐ近くなのでとても行きやすいです。

トラムの無料範囲内にあるので、トラムを使うと便利に行くことができます。

夜はあまり人が歩いていないので少し怖いです。

でもメルボルンは世界で最も安全な都市にランキングされているので危険を感じることはなかったです。

メルボルンのメンズギャラリーの入り方。

まず、入り口でセキュリティーにパスポートを見せます。

中に入ります。

受付で、入場料を支払います。

確か、10オーストラリアドルぐらいでした。

ダンサーが10人ぐらい踊っています。

みんな飛び切りの美人です。

椅子に座ってビールを飲んでいると、ダンサーが話しかけてきます。

英語がよくわからないのでグーグル翻訳で会話しました。

どうやら、30分50オーストラリアドルでプライベートダンスをしてくれるとのこと。
(時間とか値段は記憶が曖昧なので間違っているかもしれません!)

渋ると、3分10オーストラリアドルでも良いとこのと。

せっかくなのでお願いしました。

接触はできないのですが、踊りながら性器をモロに見せてくれるサービスです。

はい、ただそれだけ(笑)

当然、手や口のサービスはありません。

セックスもダメだそうです。

なので、オージーとそういうことをしたい人は敬遠した方が良いでしょう。

なお、客で、日本人は自分だけでした。

客のほとんどは現地人です。

メンズギャラリーの場所はここから確認できます。

Contact

また、メンズギャラリーの近くにゴールドフィンガーという、これまた有名なストリップがあります。

その感想も、別記事で紹介しています。

こちら

行ったのは夜の10時ぐらいで、ダンサーは10人ぐらいでした。