Monthly Archives: 11月 2013

吃音矯正したい人は言友会で相談してみませんか?

今日は久しぶりに滑舌の話です。

滑舌で悩んでいる方、多いと思います。

いくつか治す方法がわかったのでお知らせします。

言語聴覚士さんが在籍している病院があります。

吃音で困っている方は一度相談してみてはいかがでしょうか。

もし電話で聞きづらかったら、メール対応してくれる病院もあるようです。

私も数件問い合わせてみました。

感想としては、言語聴覚士が対応できるのは重度の吃音者のみで、

軽度の吃音者は対応できないようなことを言われてしまいました。

とはいえ、一度相談してみるのも方法だと思います。

もう一つ、おもしろいのを発見しました。

NPO法人全国言友会連絡協議会http://jsga.amsstudio.jp/

という会で、吃音者のための協議会だそうです。

詳しいことはホームページをみてくださいね。

私はまだ参加していないしその予定もありませんが、

もし参加した人、教えてくださいね。

ちなみに、

http://seikatublog.com/?p=15

で紹介した方法を実践したんですが、やっぱり吃音矯正は難しいですね。

いまだに改善されていません。

何か良い方法はないですかね?

女性との会話ネタを増やすため、モンハンをやりました

 

 

 

 

 

 

きっかけはマクドナルドでした。

多分10代後半の女の子なんですが、ニンテンドーDSでモンハンをプレイしているのを発見。

普通の人なら素通りする場面なんでしょうが、できる人間は違います(自分で言うなw)

会話ネタを増やすため、仕事のアイデアを探すため、常にアンテナを貼っています。

ゲームとかに嫌悪感を持っていたんですが、さっそくモンハンをすることにしましたよ。

 

真面目な人間は、ゲームに熱中していると罪悪感がでてきます。

僕もその内の一人です。

『遊んでていいのだろうか?暇な時間があるなら勉強したほうがいいのではないか?』

って。

でも、モンハンは遊びととらえず、社会勉強と捉えることにしました。

英語、パソコン、モンハン、ってな具合にね。

実際にそうで、モンハンは社会勉強になっているほどです。

覚えてて損はないと思います。

仕事でもなんでも、食わず嫌いはだめ。

まずはやってみよう。

こういう意識が大事ではないでしょうか。

年をとると新しいことに手を出しづらくなりますが、そうなるともうおっさんです。

脳科学者の苫米地英人も言っています。

新しいことをして、脳に刺激を与えることが大事、と。

 

モンハンのウインドウズ版は発売されていますが、PS3版が、11/20発売です。

せっかくなのでPS3が発売されるまで待つことにします。

 

成功者が教える、副業の注意点

 

 

 

 

 

 

あいからず、ネットビジネスhttp://seikatublog.com/?cat=9で稼げています。

正直、時間とお金はうなるほど余っています。 

そこで最近、リアル事業進出と資産運用を考えだしました。

同じビジネス仲間のふじっこさんはhttp://100manmezase.blog.fc2.com/

電子書籍のアフィリ事業を始められ、一歩先を進んでおられます。

自分も負けてられません。

最初に考えたのが不動産投資

アパートや駐車場経営です。

ま、これはすぐに候補から外しました。

やっぱり、素人がやるには難しい世界ですしね。

専門外のことに手を出すべきではない。

自分が詳しい世界で勝負すべきです。

副業で失敗する芸能人ってたくさんいますが、原因はこのあたりにありそうです。

素人の多角経営ほど、成功確率が低いものはありませんね。

それに、初期費用もかかるし、税金だってバカになりません。

どうしても不動産投資をやりたいなら、せめてREITにしておきましょう。

現物の不動産投資はリスクが大きすぎます。

サラリーマン大家なんて失敗するのがオチ 、だと思います。

 

 

それで結局どうしたかというと、株式投資に落ち着くことになりそうです。

歴史的にみても、もっとも上昇した金融商品というのは、

不動産でもなく債券でもなく金でもなく先物でもなく為替でもなく、株式です。

そのあたりは

敗者のゲーム(新版) なぜ資産運用に勝てないのか

に詳しいので、ぜひお読みくださいね。

僭越ながら一つアドバイスをするとすれば、暴落の周期を見て投資をすること。

オイルショック→ブラックマンデー→ITバブル崩壊→リーマンショック

っていうように、約10年ごとに暴落しています。

となると、次は2017年頃に暴落=絶好の買い場が訪れるかも!? 

それまでにビジネスで稼いで、余裕資金を得ておきたいです。

 

しかしまあいろいろ考えてきましたが、結局一番大事なのは健康。

ジムに通ったり、健康に投資することが一番の利益になるのでは?

無税生活入門のすすめ

1月は個人事業主にとって多忙な時期でもあります。

というのも、7日までは源泉徴収の支払いをしなければいけないし、

31日までは源泉徴収票を税務署と市区町村に提出するというルーティンワークが控えているからであります。

2月からの確定申告の準備をしなければいけないし、年始はなにかと忙しいです。

ま、法人化しているっていっても一人会社ですし、家族も誰もいないので、わりと簡単に終わっちゃいます。

最近は私のように独身で、法人化している方も多いと思いますので、参考のために私のデータを公開しちゃいますね

月々の給料が20万円、よって年収は240万円です。

その場合、源泉徴収は年額246000円。

年24万円ほどとられるのは悔しいので、いろいろ節税しております。

まず、当然ながら健康保険と厚生年金は加入しています。

これで年30万円ほどですが、所得を圧縮できる効果を得ています。

年金制度が崩壊すると言われていますが、そんなことはないと思います。

年金を未納しているのはフリーターぐらいなもので、

日本人の大多数を占めるサラリーマンは、天引きされているわけですからね。

未納のしようがありません。

マスコミが視聴率を得たいがために、過激な言葉を使っているだけ。

騙されないように注意しましょうね。

次に、個人事業主なら絶対に加入しておきたい制度、小規模企業共済。

もちろん全額経費扱いできます。

月々7万円かけられるので、年84万円の所得圧縮効果!

ぜひ加入してほしいですね。

節税術を駆使して、私はもう5年以上所得税や住民税などの税金を合法的に支払っていません。

法人ってのは様々な節税方法を実行できますのでぜひ設立しましょう!

 

無税生活を実現する方法→http://seikatublog.com/?cat=19

暇な時間を有意義に活用する方法

 

 

 

 

 

 

http://www.okanekaseguzo.com

順調にやらせてもらっています。

ネットビジネスの軌跡は

http://seikatublog.com/?cat=9

でまとめてみました。

みてくださいね。

というわけで、最近はお金も時間も十分余裕がでてきました。

でも意志が弱い人はいざ暇な時間ができても、結局なにもやらないですね。

自分もその代表者で、この間なんか、ずっと家で寝ていましたよ。

反省、反省。

そういう人は、たとえば玄関先などいつも見る場所に

『その日その日、人生最後の人思って精いっぱい生きる』 

というような標語を貼っておくのも方法ですよね。

さてそこで私は、暇な時間を有意義に活用する方法を考えました。

著名な脳科学者の苫米地秀人先生もこうおっしゃっています。

『普段しないことをすると脳が活性化する。若返る』と。 

インドア派の人は積極的に外出したりドライブしたり、

オタクの人はアニメグッズをタンスに隠して、普段見ないようなやくざ映画を見るとか(笑)

そんな私はどうしたかというと、法律の勉強をすることにしました。

法律だと、実生活の役にも立ちますからね。

一石二鳥というやつです。

学生時代、あまり力を入れなかった刑事訴訟法・民事訴訟法の勉強をすることにしました。

今回購入したのが、こちらの本。

・はじめての刑事訴訟法
・はじめての民事訴訟法

両方で送料込み500円。

アマゾンはすごく便利ですね。

実は、法律の勉強を再開するのに聴講制度や通信大学の利用を考えたんです。

でも、学生の中におっさんが混じって授業を受けてみても、自分が持っていない『若さ』ってやつを周りの生徒は持っているわけで、

自分がみじめに感じられて、やっぱり辞めることにしました。

みなさんも、普段と違うことをして、脳を活性化させてみてはいかがでしょうか。

401k(確定拠出年金)に参加したがさっそく元本割れ

今夏に、401k(確定拠出年金)に申し込みましたのでレポートします。

この制度の詳細は、wikiや厚労省のHPに任せるとしまして、

実際に加入した者の意見を述べさせていただきます。

 

まず、拠出額は、限度いっぱいの2.3万円で申し込みました。

従いまして、単純計算で年額27.6万円の節税効果となります。

加入手数料やもろもろで、初月に4000円ぐらい引かれるので、

限度額いっぱいで加入しないともったいないと思います。

この手数料のおかげで、所月からイキナリ元本割れが約束されてしまいます。

ここらへんも、401kが普及しない要因の一つだと思います。

 

申し込み会社はいろいろ検討したのですが、SBI証券にしました。

ETFを中心に、魅力的な商品がそろっていたし、

運用管理費用が低額な商品が多かったのが理由です。

一番低いので、年0.25%の商品がありました。

某大手銀行だと、年1%が普通ですね。

これはどういう意味かというと、何もしなくても年1%資産が減りますよ、という意味なんです。

従いまして、運用管理費用が低い商品がそろっているかも、401kをどこの会社で申し込むかの

大きな判断基準となるでしょう。

 

401kでの運用収益は、非課税です。

なので、債券や預金などで運用せず、株式で運用するのが醍醐味になります。

でないと、せっかくの非課税効果を活かすことができません。

株式投資に理解がある人や、本業が儲かっていてもっと節税したい人は、

401kの加入をぜひご検討ください。

ちなみにもう一つメジャーな制度、小規模企業共済があります。

これは、限度いっぱいで申し込むと、年に84万円ほどの節税効果となります。

加入手数料などは必要ないし、運用指示も不要なので、預金感覚で加入できます。

自営業者ならぜひ加入してほしい、節税効果に優れた制度です。

 

参考までに、私の前年度の確定申告書の一部を添付致します。

給与が240万、源泉徴収が24万6千円なのですが、各種控除の結果、全額戻ってきました。

自分はもう何年も無税生活を送っています。

サラリーマンが税金の面でいかに不利かということを、改めて思い知りました。